近年、男鹿の新たな見どころとして注目を浴びている、北浦の雲昌寺(うんしょうじ)のアジサイ。
雲昌寺の副住職 古仲宗雲さんが15年を超える歳月を費やし手塩にかけて育てた、境内を埋め尽くすアジサイの群生。たった1株から1500株以上に株分けしたアジサイは独自の育成方法によって一株につく花の数が多く、満開の頃には一面が青色に染まります。
青一色にこだわり、まさに絨毯のように一面に咲き誇るアジサイの奥には北浦の港町そして男鹿の海が広がり、ここでしか見れない風景を作り出しています。

北浦 雲昌寺

雲昌寺の歴史は、1624年(江戸時代前期)にはじまり、寺伝では秋田市にあった正洞院二世観庵喜察大和尚を開山として開創されたといわれています。本堂は江戸時代に建立され、本尊は大阪の仏師作の墨書がある説法の釈迦牟尼像を祀る、曹洞宗の寺院です。

雲昌寺 副住職 古仲 宗雲
雲昌寺 副住職
古仲 宗雲
こなか しゅううん
Facebookで最新のあじさい情報をチェック

ある夜、境内の片隅にひっそりと咲いていた一株のあじさいの美しさに心を奪われたのがはじまりでした。お檀家さんや近所の方に喜んでもらえたらと思ってはじめた株分け・挿し木。気づけば15年がたち現在の光景となりました。昨年からはじまった夜のライトアップなど、地域の皆さんをはじめ本当に色々な方々のご協力のおかげで、私が心奪われた以上のあじさいを再現することができました。

花は本当にけなげで人を喜ばそうと一生懸命に咲いています。仏様に護られているお寺の花園で花の心を感じ、お参りいただく皆さんの心にも花を咲かせて戴けたらと願っています。

2020 あじさい観覧期間

2020/6/13(土)~7/19(日)

観覧時間と拝観料

境内略図

境内略図

雲昌寺の御守りと御朱印

交通案内

〒010-0683 秋田県男鹿市北浦北浦字北浦57

●昭和男鹿半島ICから車で約45分(34km)
●JR秋田駅からは男鹿線で男鹿駅または羽立駅まで約1時間。なまはげシャトルや路線バス、タクシー等で約20~40分(16km)
●男鹿温泉郷からは車で約7分(4km)
●男鹿市内にレンタカー会社はありませんので、ご利用の場合は秋田駅・空港等でご手配ください。

お車でお越しの場合

期間中は周辺に臨時駐車場を準備しています。

普通車は無料/バスは1台2,000円

北浦漁協となりにバス(大型・中型・マイクロとも)専用駐車場を準備しています(日中は係員がいます)。

日中のご利用は事前予約制となります(当日予約不可)

夜間のご利用は予約不要です。

公共交通機関でお越しの場合

あいのりタクシーなまはげシャトル

鑑賞期間にあわせて雲昌寺がルートに追加されます。男鹿駅や男鹿温泉郷から、またなまはげ館やGAOとあわせて雲昌寺のあじさい鑑賞を楽しむことができますのでぜひご活用ください。
発着所(浮田商店前)から雲昌寺までは徒歩約4分(300m)

なまはげシャトル特設サイト

路線バス

JR羽立駅前(最寄駅)またはJR男鹿駅前から路線バス「男鹿北線」に乗車し「北浦」バス停で降車。
雲昌寺まで徒歩約4分(350m)

路線バス時刻表・運賃(男鹿市HP)

男鹿温泉郷発着
「男鹿半島・感動のあじさい号」

●実施期間:2020/6/20(土)~7/5(日)
●事前申込制:前日17:00までに男鹿市観光協会 TEL0185-47-7787(平日9:00~17:00)にご連絡ください。

乗車特典としてあじさいポストカードをプレゼント

よくある質問と注意事項

●満開はいつですか?いまの開花状況は?
副住職のFacebook等で随時状況をお知らせしておりますのでぜひチェックしてみてください。
●混んでいる時間帯は?
例年、土・日の10:00~14:00が混雑のピークとなっています。
●車いすでも鑑賞できますか?
車いすでの観覧は特に制限しておりませんが、階段・段差が多く介助の方の同伴が必要となります。受付やガイドのスタッフはお手伝いできないものとあらかじめご了承ください。
●ペットと一緒に鑑賞できますか?
※現在検討中
●撮影機材の持ち込みについて
撮影等での三脚・脚立等の持ち込みは禁止とさせていただいております。一脚については夜間のみ持ち込みOKとさせていただきますがご利用の際は周りのお客様へのご配慮をお願いいたします。
●雨の日の観覧について
境内の散策可能なエリアはほとんど整備されていますので、雨の日でもぬかるんだり泥で汚れたりすることはありません。また、雨に濡れたアジサイも色味を増して華麗です。
GOTO PAGE TOP