秋田県男鹿市公認観光情報サイト
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは

男鹿の最新観光情報

男鹿なびと男鹿市観光課の協同で男鹿エリアのイベントやトピックを掲載しています。
各イベント等に関するお問い合わせは記載の問合せ先にご相談ください。

入道崎・延命地蔵まつり

  • 2015-06-17 投稿:男鹿市観光課

先端好きの お客様に たいへん ご好評いただいておりますパワースポット入道崎

20150624_0001.jpg

全国に15基しかない参観灯台のうち、もっとも北にある入道埼灯台
水島周辺を めぐる海底透視船
ズラリと並んだ飲食店で食べる石焼き料理や海鮮丼、イカ焼き、サザエ
夕陽が海に沈む時の、燃えるような空...

《天空》《海》《大地》が交わる魅力あふれる観光地ですが、
《入道崎》という地名の由来は ご存知ですか???

20150624_0000.jpg

毎年6月24日、延命地蔵の伝説と関わりの深い雲昌寺さん、入道崎地区の関係者さん、観光関係者などが集まり、海上安全を祈願して【延命地蔵まつり】が行われています。

【延命地蔵の伝説】

天保末期、戸賀村塩戸の5人が船で漁にでたところ濃霧に覆われて帰れなくなってしまった。3昼夜ものあいだ海上をさまよい食料も尽きて、一同懸命に神仏に祈ったところ、3日目の夜明けごろ一条の光が海上に輝きわたった。その光の筋の先、明けの明星のある東にめがけて一心不乱に船を漕いだところ、ようやく大きな岩に上陸することができ、その大岩を「明道の岩」と名付けた。5人が無事もどったということで、漁民守護のため北浦雲昌寺の和尚さんがここに地蔵尊を建立。毎年6月24日には地蔵尊まつりが行われるようになった・・・。

・・・この伝説が記された書物も残されております。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
入道崎 北緯40度モニュメントまめ知識
1990年(平成2年)完成
男鹿半島産出の安山岩からなる
《天空》のイメージとしての【太陽の舞台】は日時計
《海》のイメージとしての【波の石舞台】
《大地》のシンボル【北斗の石】により構成


Facebookコメント

GOTO PAGE TOP
お問い合わせ
パンフレット(送付依頼)

お電話でのお問い合わせは