男鹿観光についての電話でのお問い合わせ窓口
男鹿市観光協会 TEL0185-24-4700 (8:30~17:00)

男鹿の最新観光情報

男鹿なびと男鹿市観光商工課の協同で男鹿エリアのイベントやトピックを掲載しています。
各イベント等に関するお問い合わせは記載の問合せ先にご相談ください。

本物の伝統風習を体験できる特別企画「貴方がなまはげになれます」

  • 2017-12-13 投稿:男鹿市観光商工課

なまはげ伝説の地、五社堂・長楽寺など「なまはげ伝説発祥の地」として歴史ある門前地区に伝わるなまはげ行事に参加できる特別プランです。

この度なまはげゆかりの古社「赤神神社五社堂」のお膝元、門前地区で旅館・民宿の経営者と地域青年会の協力のもと「門前地区のなまはげ」になることができる宿泊プランを企画しました。実際に地域で行われているなまはげ行事を民家で体験(見学)できるプランは既にありますが、今回のなまはげ体験は「見る側」ではなく「やる側」。地元青年と一緒に、なまはげに変身して交代で各家々をまわります。

地域のなまはげ行事に参加できる貴重な機会に、ご家族、ご友人同士でぜひ男鹿文化を体験・体感してみてください。

【汐瀬旅館「なまはげ行事参加プラン(2~4人向け)」】
●スケジュール 2017/12/31(日)
15:00 旅館チェックイン(門前・汐瀬旅館)
16:00~なまはげに扮するため早めの食事を摂る。
17:00 準備開始(お祓い/長楽寺・赤神神社での神事など)
 ※なまはげの作法、諸注意事項を確認
19:00 男鹿市門前地区(10軒~15軒の各家々をなまはげに扮してまわる)
20:30 地区内の旅館(磯乃家旅館)を訪問し終了

<体験にあたって>
① 所作、心構え、歴史等については事前に説明、実演の際は先立(さきだち)と呼ばれる先導役がきちんとフォローします。
② なまはげ行事の趣旨、文化、作法などを理解いただけない方、またその理念に反する思想をお持ちの方は先立の判断により参加をお断りする場合があります。
③ 希望によりなまはげの担い手である青年会との交流会(行事終了後~22:00頃)へも参加できます。(別途会費)ご希望の場合は申し込み時にご相談ください。


●体験宿泊料金 / 1泊2食10,000円 /人・1泊朝食 6,000円 /人(消費税・飲み物代別)
●申し込み / 12/22(金)までに汐瀬旅館へ電話またはFAXで
●定員 / なまはげ行事やる側3人、見る側4部屋(2~4人同室)

汐瀬旅館 男鹿市船川港本山門前字垂水197
TEL 0185-27-2711 FAX 0185-27-2732


この内容に関するお問合は: 男鹿市観光協会TEL 0185-24-4700

本物の伝統風習を体験できる特別企画「貴方がなまはげになれます」の場所

大きい地図はこちら

Facebook

メッセンジャーで質問
PAGE TOP