秋田県男鹿市公認観光情報サイト
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは

【初めて男鹿へお越しの方に】1泊2日、翌日は朝から次の目的地へ。なまはげシャトルを使って1日で男鹿の王道スポットを巡るコース

この記事は2016/06に公開したものです。掲載のサービスや時刻等が現在のものと異なる場合がありますのでご注意ください。

たとえば「リゾートしらかみに乗る前の日」など他の目的地と合わせて男鹿へお越しの方におススメ。相乗りタクシー「秋田エアポートライナー」「なまはげシャトル」を活用して1日で男鹿の定番王道スポットを満喫できるモデルコース。朝、東京を出発して男鹿の定番スポットを巡り男鹿温泉に一泊、翌日は朝から次の目的地へ。

  • 1泊2日の初日に男鹿を満喫
  • 秋田駅からエアポートライナーで男鹿へ
  • 移動はなまはげシャトル(前日までに予約)
  • お泊りは男鹿温泉郷
  • 翌日は朝から次の目的地へ

今回出演してくれるのは男鹿市職員のヒトミさん(左)、カナさん(中)、マキさんの仲良しアラ○ー三人組が

「東京の方にお住いの職場の同僚、いわく女子会」
の体(てい)で、

おすすめモデルコースを巡ってみました。

「気心の知れた女子3人組の気ままな東北旅行。秋田から青森へとぬける2泊3日の行程」といったカンジです。

皆様の男鹿観光、旅の一助になれば幸いです。

7:36 → 11:24

【秋田新幹線こまち】東京駅 → 秋田駅

7:36発の秋田新幹線こまちに乗って東京駅を出発。ちょっと早めのお昼ゴハンを新幹線の中で済ませる三人(そうでない場合、次の男鹿水族館の1時間を使って館内のレストランという手も)。新幹線のホームからエスカレーター・エレベーターであがって目の前の改札を出ます。

11:45 → 13:15

【秋田エアポートライナー 男鹿半島号】秋田駅 → 男鹿水族館GAO

  • 前々日(電話なら前日)12:00までの予約制
  • 運賃は秋田駅~男鹿水族館 4100円/人

今回は1日で男鹿の主要スポットを回るため「JR男鹿線+なまはげシャトル」よりも早く目的地に着ける、乗り合いタクシー「秋田エアポートライナー」で直接男鹿の目的地に向かいます。3人は秋田エアポートライナーに乗るため、改札を出て左、秋田駅東口へ。「ぽぽろーど」と呼ばれる連絡通路を通り階段をくだって外へ出ます。道なりに少し進んだあたりにタクシー発着所があり、エアポートライナーの目印をつけた車両が待っています(キングタクシーというタクシー会社の車両/車種は予約人数等によって変わります)。

13:15

男鹿水族館GAO

  • 入場料金:おとな1100円
  • 営業時間は9:00から
  • 荷物ロッカーもあります(有料)
  • 「ぷかぷかアザラシ」は期間・時間限定のイベント(詳細はGAOウェブサイトで)

3人を乗せた秋田エアポートライナーは約1時間後、男鹿水族館GAOに到着。男鹿の海大水槽や、ホッキョクグマの豪太、クルミなどを見ながら館内を進んでいくと、アザラシやアシカの待つ「ひれあし's館」に到着。ここで3人は、アザラシと触れ合える時期・時間限定の人気イベント「ぷかぷかアザラシ」の体験をさせてもらうことに(今回のモデルコースの時間帯では体験できませんがイベント紹介のため特別に体験させてもらいました)。カッパを着て、飼育員さんによる簡単なレクチャーを受けた後、アザラシが泳いでいるプールへ。プールサイドの浅瀬でアザラシにエサをやったり、タッチしたり、チューしてもらうこともできたりする、大人にも子供にも人気のイベントです。見たことはあっても触ったことなんてない3人は大はしゃぎでアザラシとのひとときを楽しんでいました。

14:15 → 14:45

【なまはげシャトル なまはげ2便】男鹿水族館GAO → なまはげ館

  • なまはげシャトル 男鹿水族館~なまはげ館はお一人1000円

男鹿水族館GAOを出た三人は、相乗りタクシー「なまはげシャトル」に乗って一路「なまはげ館」へ。

14:50

なまはげ館

男鹿市北浦真山水喰沢 TEL 0185-22-5050

  • なまはげ館・真山伝承館共通入館料 大人864円/人

なまはげ館には男鹿市内各地で実際に使われていたナマハゲの面が展示されています。110体、150枚もの面が並ぶ「勢ぞろいコーナー」は圧巻の迫力。地区ごとに、ユーモラスなものからおどろおどろしいものまで、こんなにもバラエティに富んだデザインの面が作られていたことに衝撃を受けます。
ナマハゲの衣装や面を身にまとって記念撮影ができるなまはげ変身コーナーも人気!!(スタッフの人に頼めばお持ちのスマホなどで撮影してくれます)。
また、売店はココでしか買えないナマハゲグッズや男鹿の特産品など特徴的な品ぞろえになっています。

15:30

男鹿真山伝承館で「大晦日のナマハゲ」を体験

男鹿市北浦真山水喰沢97 TEL 0185-33-2468

  • なまはげ館・真山伝承館共通入館料 大人864円/人
  • 開講時間は午後は13:30開始から16:30開始まで30分ごと

なまはげ館を見学したあとは、隣接する「男鹿真山伝承館」に。ここは真山地区の「大晦日のナマハゲ行事」の再現を間近で見学・体感することができる男鹿に来たら必見のスポットです。目の前で繰り広げられるナマハゲ行事は迫力満点。しかしながら、ナマハゲと家主とのやり取りを見れば、ナマハゲを介して家族の絆が育まれることや、ナマハゲ行事がただの威圧や恐怖だけではない事を感じることができると思います。

16:00

真山神社

男鹿市北浦真山水喰沢97 TEL 0185-33-3033

  • なまはげシャトルは真山神社駐車場まであがってきてくれます(なまはげ館に荷物を預けている場合はなまはげ館前で乗車してください)

男鹿温泉郷まで行く「なまはげシャトル」の時刻17:10までのあいだ、3人はなまはげ館の少し奥(徒歩3~5分)にある真山神社へ。秋田杉に囲まれた荘厳な雰囲気の漂う真山神社は、なまはげゆかりの神社として知られ、毎年2月には男鹿の冬を代表する観光行事「なまはげ柴灯まつり」の会場としても賑わいます。仁王門を抜け石段を上った先にある拝殿にお参りした3人が願ったのは、金か、出会いか、はたまた世界平和か・・・(笑)。石段を少し戻った場所にある社務所(お守りなどが買えます)の脇を通って行った先には縁結びや子宝、商売繁盛の神様を祀る「歓喜天堂」、さらには慈覚大師の手植えと伝えられる、樹齢千年余りの榧(かや)の巨木(県指定天然記念物)が立ち、一帯はまさにパワースポットの様相を呈しています。

17:10 → 17:25

【なまはげシャトル おんせん3便】なまはげ館 → 男鹿温泉郷

  • 男鹿温泉郷の発着所は「男鹿温泉交流会館 五風(ごふう)前」
  • なまはげシャトルなまはげ館~男鹿温泉郷はお一人500円

17:30

男鹿温泉郷の宿にチェックイン

男鹿市北浦湯本字草木原 TEL 0185-33-3191

  • 今宵のお宿は男鹿温泉郷にある「男鹿ホテル」
  • 男鹿名物「磯焼(石焼料理)」考案のホテルで、広い露天風呂と和風ダイニングが特徴

なまはげシャトルで男鹿温泉郷に到着した二人は、発着所「男鹿温泉交流会館 五風(ごふう)」のすぐ近く(徒歩1分程度)にある今宵の宿「男鹿ホテル」へ。男鹿温泉郷には現在7軒の宿があり、それぞれ館内やお食事、温泉など特色が異なりますので、ぜひお好みのお宿を探してください。なお、今回のお宿「男鹿ホテル」は男鹿温泉郷内に「セイコーグランドホテル」「男鹿観光ホテル」の3館を運営するSKOグループの姉妹館。この3館に泊まったお客様は姉妹館の温泉を無料で楽しめる「SKO湯めぐり」の特典を受けられます。

18:30

男鹿ホテルの個室お食事処「漁火」で夕食

  • 男鹿ホテルには和風ダイニング「旬彩洗心(しゅんさいせんしん)」と個室お食事処「漁火(いさりび)」の二つの食事会場があり、プラン等によって会場が異なります。詳しくはご予約の際にご確認ください。

3人は浴衣に着替え、夕食前に温泉を堪能。男鹿ホテルには男鹿温泉郷最大級の露天岩風呂があり、源泉かけ流しのお湯を楽しむことができます。温泉で癒された3人は夕食会場の「個室お食事処 漁火(いさりび)」へ。漁火は中央に舟形の磯焼実演スペースを配したお食事処。男鹿・秋田の海の幸、山の幸をふんだんに使った料理の数々を楽しむことができます。個室仕切りでプライベート空間を確保しているので、周りを気にせずにお食事の時間を過ごせます。また、男鹿名物「磯焼(石焼料理)」をご注文の場合は、中央の実演スペースで、お客様の目の前で調理。木桶に入った魚介の汁に、真っ赤に焼けた石を放り込み一気に煮上げる豪快な調理法の実演を見ることができます。もちろん実演調理されたものは、熱々のうちに取り分けてお客様のテーブルへ。魚介のダシが効いた一杯は格別です。

20:30

五風なまはげ太鼓ライブ

男鹿温泉交流会館五風 男鹿市北浦湯本草木原21-2 TEL 0185-33-3191

  • 20:30~(開場20:00/時間30~40分)
  • 540円/人
  • 公演期間:4~11月 公式サイトに日程が載っています

大満足の夕食を堪能した3人は、男鹿を代表するアトラクション「五風なまはげ太鼓ライブ」を見るために、ホテルを出て五風(ごふう)へ向かいます。このライブでなまはげ太鼓を演奏するのは、地元の若者たちが結成した和太鼓団体「恩荷(おんが)」のメンバー。仕事や学業のかたわら、地元男鹿を訪れるお客様に喜んでほしい、思い出になる一時を提供したいとの思いで活動を続け、現在では多い日で500人超、1シーズンの来場者数が4万人を超えるほどの、男鹿・秋田を代表する一大アトラクションへと成長しています。一番前の通称「アリーナ席」に陣取った三人。迫力あるナマハゲの演奏、イケメンの華麗な太鼓の撥さばきに手拍子拍手で大喝采。

8:50 → 9:05

【観光タクシー 白神号】男鹿温泉郷 → JR東能代駅

  • 観光タクシー白神号 男鹿温泉→東能代駅 3,000円/人

翌日は「リゾートしらかみ」に乗るため、チェックアウト後に観光タクシープラン「白神号」でJR東能代駅へと移動。こうして男鹿をあとにした3人の東北旅行はまだまだ続くのでした。

絶対に見てほしい男鹿のゴールデンスポット「なまはげ館・男鹿真山伝承館」「男鹿水族館GAO」そして「なまはげ太鼓ライブ」を1日で巡ることができるモデルコース。初めて男鹿へお越しの方におススメです。なお、エアポートライナーもなまはげシャトルも事前予約が必要ですのでご利用の際はご注意ください
GOTO PAGE TOP
お問い合わせ
パンフレット(送付依頼)

お電話でのお問い合わせは