入場の際にお一人様1,000円の協賛金のご協力をお願いいたします(高校生以下無料)

なまはげ柴灯まつりの歴史と由来

みちのく五大雪まつりのひとつ「なまはげ柴灯(せど)まつり」は、秋田県男鹿市北浦(おがし きたうら)の真山(しんざん)神社で行なわれる男鹿の冬を代表する冬祭りとして昭和39年に始まり、毎年2月の第二金・土・日の3日間開催されます。
このまつりは、900年以上前から毎年1月3日に真山神社で行われている神事「柴灯祭(さいとうさい)」と、民俗行事「なまはげ」を組み合わせた冬の観光行事です。
真山神社境内に焚き上げられた柴灯火のもとで繰り広げられる勇壮で迫力あるナマハゲの乱舞は見る人を魅了します。

男鹿温泉郷の冬場の観光を盛り上げようと企画した「雪まつり」を北浦湯本にある星辻神社で行ったのが始まりで、菅原慶吉氏(のちの男鹿市長)等が先に立ち、奈良環之助氏(民俗学者、秋田市議など)の指導を受けて、真山神社で行われている「柴灯祭」を取り入れたとされています。
第1回~第3回までは、星辻神社で行われ、その後、観光客が増え手狭になったので舞台を真山神社に移し、半世紀の時が過ぎ、幾多の変遷を経て、現在に至っています。
昭和49年、豪雪のため真山神社の除雪が追い付かず、星辻神社での開催となったことがあるものの中止になったことは一度もありません。
以前はまつりの催しとして演歌歌手や民謡歌手、男鹿市内の職場や地域対抗綱引き大会も開催されており、現在よりもより地域住民にむけた内容となっていました。

男鹿のなまはげ

大晦日の晩、それぞれの集落の青年たちがナマハゲに扮して「泣く子はいねがー、親の言うこど聞がね子はいねがー」「ここの家の嫁は早起きするがー」などと大声で叫びながら地域の家々を巡ります。
男鹿の人々にとってナマハゲは、怠け心を戒め、無病息災・田畑の実り・山の幸・海の幸をもたらす年の節目にやってくる来訪神です。ナマハゲを迎える家では、昔から伝わる作法により料理や酒を準備して丁重にもてなします。男鹿市内のナマハゲ行事は、かつて小正月に行われていましたが現在は約85の町内で12月31日の大晦日に行われています。
1978年「男鹿のナマハゲ」として国重要無形民俗文化財に指定。
さらに2018年にユネスコ無形文化遺産に登録されました。

ご宿泊のご案内

男鹿市内温泉ホテル・旅館へのご宿泊は(一社)男鹿市観光協会 TEL0185-24-4700 E-Mail:ogakk@namahage.ne.jpまでお気軽にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ移動