お電話でのご注文・お問い合わせもお気軽にどうぞ!!
TEL0185-23-2465
(受付時間:平日10:00~17:00)

各種カードご利用いただけます。10,000円以上ご購入で全国一律送料無料!!ちなみに常温便とクール便の商品を同時注文でもクール便1件分の送料のみでお送りします

男鹿産の季節ハタハタ

クリックで拡大

秋田県魚ハタハタ・・・地元民なら一人10匹からが当たり前

男鹿・秋田の魚といえばハタハタ。雪が降り始める頃、雷雲がわき稲妻が走るその時、ハタハタは深い海の底から岸に寄ってきて卵を産みつけるのです。雷(神鳴り)が鳴るとハタハタが獲れる事から「魚へんに神」と書いて鰰とか。


季節ハタハタの価値の9割はブリコのネバリ!?

クリックで拡大

ほぐれやすい身は淡白で美味。..がそれよりも、この産卵時期のいわゆる「季節ハタハタ」の真骨頂は、メスの「ぶりこ」と呼ばれる卵塊ではないかと。その独特のネバリこそが最大の特徴!!
産卵を間近に控えたハタハタが岸の海藻に卵を産み付けに大群で押し寄せるのが男鹿近辺。そこで獲れるハタハタのブリコが最も粘りが強く美味しいんです!!
民謡 秋田音頭にも「男鹿で男鹿ブリコ」と唄われるほど男鹿とは深い関わりをもってきた魚です。

ブリコにこそ価値がある!!という事を裏付けるかのように例年メスの方が高値で取引されています。時としてオスは値段が安く氷箱にすら入れてもらえずといった状態も...同じオスとして少し切ない気分(笑)


しょっつる鍋か塩焼きか!?

クリックで拡大

まあ、他にも色々あるんでしょうけど...個人的には、塩焼きにしたハタハタからこぼれ落ちそうな位のブリコをズルズル食べるのが大好きです。
ハタハタにはウロコがないので調理も簡単!!適当に(笑)洗ってそのまま鍋や魚焼き器に投入!!
気になる人は口から箸を突っ込んでエラと内臓を引き抜く「つぼ抜き」で処理するといいと思います。頭を落とす時は胸ビレを残すようにしないとブリコや白子がはみ出てきちゃいますからご注意を。


なぜハタハタコではなくブリコ?

その昔、はたはたの卵はとても美味しく貴重なものとされ、一般人に捕られるのを嫌がった殿様が「あれはブリの子だ」と偽ったことからブリコとよばれるようになったとか、食べるとブリブリ音がするからとか諸説あるみたいです。

2016.12.15
水揚げ状況が不安定で、ご注文を頂いてもお送りできるかどうか非常に微妙な状況のため、ご注文の受付を終了させていただきました。ご注文受付開始から数日でこのような状態となってしまいましたが、なにぶん自然相手のことですので、なにとぞご理解ご容赦いただけます様お願い申し上げます。

2016.12.07
現状の水揚げ、浜値の状況等をふまえて、漁師さんと相談の上、今シーズンの価格を決めさせていただきました。漁獲制限量が厳しく、値段が下がるのを待っている間に漁が終わってしまう可能性もあるため、昨年より高い値段となりますが、早めのハタハタの確保を優先したいと思います。なにとぞご理解ご了承のほどお願い申し上げます。
なお、サイズについては中~大がメインで、小さいものや、特大サイズは難しいと思われますのであわせてご容赦くださいます様お願いいたします。

3 件中 1 から 3 番目を表示中

運営者情報

販売業者 : 株式会社 男鹿なび
代表者 : 船木 一
所在地 : 〒010-0511 秋田県男鹿市船川港船川字海岸通り2-12-8
TEL : 0185-23-2465 (受付時間/平日10:00~17:00)
FAX : 0185-24-5044
E-mail : shop@oganavi.com

※少人数のため、集荷作業等で事務所不在の場合があります。
留守の際はしばらく経ってからお掛け直し下さいます様、何卒お願いいたします。

男鹿なびを運営しております代表の船木です。
自分の目で見て食べて使ってコレは!と感じた男鹿のとっておきの郷土料理や物産品を一人でも多くの方にお伝えしたいと思っています。
皆様のご利用心よりお待ちしております。

PAGE TOP