ギバサやハタハタ、しょっつるや紅ズワイガニなど
なまはげの郷 秋田県男鹿の特産物産がせいぞろい

お電話でのご注文・お問い合わせもお気軽にどうぞ!!
☎0185-23-2465
受付時間/平日10:00~17:00
お問い合わせ
送料500円OFFキャンペーン実施中!!

諸井醸造のしょっつる

しょっつる醸造の根本は自然に委ねること。余計なものは何も加えない。

クリックで拡大

新鮮なハタハタを天日塩に漬け、仕込み樽に入れ重石をして、ときどき櫂棒でかき回して空気を入れるだけであとは基本的に何もしない。ただし醸造期間中は、温度や発酵環境に細心の注意を払う必要があり、まったくの手放しというわけにはいきません。とはいえ人が出来ることは、発酵がより良い状態で行われる様に手助けをするくらいで、あとは自然のチカラを見守り、ただひたすらに待つ以外ありません。


クリックで拡大

その後1~2年ほど経てばじわじわと発酵し、タンパク質がアミノ酸に分解される。身は分解され溶けて液状に。熟成期間は長ければ長いほど、まろやかさと芳醇さが増していきます。プレミアム商品「十年熟仙」に至っては、なんと10年間という超長期熟成!!


クリックで拡大

ドロドロの味噌のような濃厚な原液を漉し布で濾過すると、琥珀色に煌めく澄んだ魔法の一滴が抽出される。あとは加熱処理をすれば、長い眠りから覚めた「秋田のハタハタしょっつる」の完成です。


スローフードジャパン主管「味の箱舟」に認定

86年にイタリアで生まれたスローフード運動は世界的な広がりを見せています。
その日本国内における牽引役でもある「スローフードジャパン」が主管する「味の箱舟」プロジェクトに2006年12月21日に諸井醸造所の「ハタハタのしょっつる」が認定されました。

計り知れない可能性を秘めている調味料「しょっつる」

とかく臭いが気になるというのが魚醤の印象ですが、ハタハタだけで仕込んだ諸井醸造所の「ハタハタしょっつる」は臭いがほとんど気になりません。
火を通せば塩辛さは甘さとコクに変わり、クセがなくなり、味によりいっそう深みと厚みを加えてくれます。

魚醤の中でも特に「ハタハタしょっつる」の場合、旨味成分のグルタミン酸や甘み成分のアラニンなどが多く含まれているのが美味しさの元になっています。鍋だけでなく、実は様々な料理に使えるという事をもっと知ってもらいたい。ハタハタしょっつるは調味料としての計り知れない可能性を秘めています。

和洋中色々なレシピが載っています

しょっつるフル活用レシピつきでございます

諸井醸造所のしょっつるラインナップをご注文のお客様には、しょっつるを使った色々な料理のレシピが載った資料を同封させて頂いております。掲載レシピ以外にも様々な料理にしょっつるをお試しになってみてください。


9 件中 1 から 9 番目を表示中

製造元・生産者のみなさん

PAGE TOP